携帯ホームページ
Site logo


【チュートリアル】
発光する文字(初級)
写真が浮かぶ空間を通り抜ける
タイトルロゴが入れ替わる
ロゴに沿って光を移動させる
タイトルロゴをキラキラと輝かせる
タイトルロゴの背景に動画を合成
文字が砂になってバアッと消える

【プリセットの紹介】
テロップの格好いい出し方(基本編)

【基本の使い方】
テロップ以外の背景が透明のファイル作成

【今日から始めるAE】
その1:After Effectsの体験版
その2:シェイプレイヤーで丸を作る
その3:キーフレームでアニメーション
その4:レンダリングの仕方

※当サイトではAfter Effects CS3(Mac)を使用して作成しています
---------------------------------------------
【管理人がお世話になっている
 Mac機材系店舗やサイト】
秋葉館
Macで使えるハードディスクガイド

---------------------------------------------

---------------------------------------------


アフターエフェクトを学べるスクール・講座

   このエントリーをはてなブックマークに追加     
ここではAfter Effectsが勉強出来る学校や、講座を紹介してみたいと思います。
ちなみに僕が行っていたのはデジタル・ハリウッドという専門学校。
もっともそこでは実写とCGの合成を学ぶコースに行っていたので
After Effectsをメインに学んでいた訳ではないのですが
ショートカットや基本的な使い方などはそこで教えてもらいました。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「トレーニングラボ ルックトーン」
<クリエイターのための少人数スクール>
AfterEffectsトレーニングブックの著者の方がやられているスクールです。
この参考書もかなり評判がいいみたいです。
Adobe認定のインストラクターということなので安心出来るかと。
僕も行っていたデジタルハリウッドの講師もされているようです。

After Effectsの初級から、中級、上級者向けに3つのコースがあるみたいです。

みっちりやったら身に付きそうですね。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「ウォンツ」<使い方DVD講座>
こちらはDVDで学べる教材です。
習いに行かなくても、自宅で好きな時に好きなだけ勉強出来るのがDVDの良いところ。
参考書に比べたらちょっと高いけれど、スクールに行くと何十万とかかることを考えると安いのでは。
サンプルのムービーも公開されてます。
見てみると、やっぱり映像で教わるのってラクでいいです。
説明書や、分厚いマニュアル本を読むのが苦手って方には、おすすめかもしれません。

ちなみにこちらはCS3とCS4向けに作られているみたいですが
CS5を使っている方でも、基本操作は同じなので問題ないと思われます。
※サンプルムービー

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

[Sleeker_special_clear]
inserted by FC2 system